Such Is Life

soul-searching-diary

箱根を食べよう! vol.1 「大涌谷の黒卵」とか「直吉の湯葉」とか

大涌谷 (神奈川県足柄下郡箱根町) 噴き上がる蒸気とむせるような硫黄の臭いに包まれた大涌谷。 黒たまご この卵を食べると「7年寿命が延びる」と言われています。ハッキリ言わせてもらいますが、そんなことはないと思います(信仰心欠如です)。 実は中ま…

残暑見舞い

残暑お見舞い申し上げます。 8月も終わろうとしているのに、いつまでも暑くて参りますね。 我が家に住んでいるアンクルトリスです。 「いってきま~す」 彼も出掛ける時には帽子を被っていきます。熱中症には気を付けましょう。 「いってらっしゃ~い」 こ…

揚げ物祭り

しめたっ!カミさんが出掛けたぞ。そこで、自分の欲望を満たすとかではなく(下線部2回読んで下さいね)、子供たちに喜んでもらおうと(ゴマをすろうでは?)「揚げ物祭り」へ招待した。 ところが、「え~っ!今日は用事がある」「参加したいけど帰りが遅く…

「長い旅の途上」 アラスカに生きた人

長い旅の途上 星野道夫著 星野道夫(1952-1996) 写真家 探検家 詩人 学生時代に見た写真集に感銘を受けアラスカを訪問。以降、アラスカに住み着いて探検を続けながらアラスカの大自然と野生動物の写真撮影、執筆などを。1996年テレビ取材のために訪れてい…

「権太」 遠州讃岐うどん

手打ちうどん 権太 (浜松市西区館山寺町) 若かりし頃(やだね、この表現)、舘山寺に遊びに行くと昼飯や夜の飲みで時々伺っていたうどん屋さん。しかし、去年久し振りに訪問してみると、入居していた「堀江の庄」という温泉旅館が、父さん(誤字)した模様…

二の岡ハム

二の岡ハム 以前お伝えしたように、ランチのために御殿場からすっ飛んで帰って来た准教授。現地での様子を伺うと、そんなに時間の余裕は無かったはずなのに、しっかりお土産を買って来てくださった。御殿場で有名なハム屋さんらしい。 ボローニアソーセージ …

nightmare

陽が落ちても蒸し暑さが続くある夜のこと。とあるバーで、独り静かに過ぎ行く夏に捧げるカクテルを嗜んでいると、「あ~ウケた!ウケたあ!!」と騒々しい声がする。「ここに来る前に、バス停で7ヶ所も蚊に刺されたことをFBにアップしたら、いいね!が早く…

本音

トレーニング(自転車)の途中、燃えるような朝焼けが。 おまけに虹まで現れた。(少々薄くてはっきりしませんが) 毎朝トレーニングに出るのがくじけそうな自分を励ましてくれているような景色だった。自転車での目標達成までのリミットは、あと3ヵ月少々…

「いな穂」 普通にいけてる食堂

「老舗の味」「カツ丼」「しょうゆラーメン」 この3列の文字が語りかけてくる。「さあ。こっちへ。おいで」と。見事な3段論法だ(論法か?)。 いな穂 (浜松市東区大島町) 早朝、准教授から「御殿場にいる。昼前には浜松に戻る。ランチしたい」との連絡…

スペイン語学習

Tortilla de anchoa (アンチョビのオムレツ) Ensalada de salmon (サーモンサラダ) Pollo al ajillo (チキンのアヒージョ) Risoto de mariscos (シーフードリゾット) Esta buenisimo! (とても美味しい!) スペイン語学習のために料理を。(意味が…

天津飯

ゴルフ仲間の一人は、天津飯(てんしんはん)を「てんつはん」と読んでしまうような〇〇な方だ。おまけに天津飯が出来上がってくると「天津飯ってこれだったのかあ?思ってたのと違うなあ?」と仰る。 この写真を撮ろうとしたら 横から箸を割り込ませてきた…

四国の城巡り運転手の旅 其の三 宿毛~高知

城巡りマニアの運転手としてやって来た四国。二泊目の宿泊地は高知県の宿毛(すくも)。初めて聞く地名だったが、かなりくたびれた町だった(正しくは寂れたではないですか?) 夕食の場所の当てが無いのでホテルで聞いて、「さんがい」という居酒屋を訪問。…

四国の城巡り運転手の旅 其の二 宇和島~足摺岬

四国の城巡りをする知人の運転手としてやって来た四国二日目の朝。さてと本日も運転業務の始まりだ。 松山城 実は先ほど「宇和島城」と書き込みしました。写真がどこの城だったのか定かではなくなっています。写真の日付・時間を確認して指を折りながら記憶…

四国の城巡り運転手の旅 其の一 松山へ

「四国の城巡りをしたいので運転手をしてくれ」との無謀な要請を受けた。日ごろお世話になっている方なので、仕方なく運転手を引き受けることに。浜松を午前3時に出発したものの、夏休み真っ盛りで至る所で大渋滞。四国に渡る「しまなみ海道」の入り口尾道…

蘭 麻婆豆腐ラーメン

知人からランチに誘われて、四川料理「蘭」(浜松市南区三和町)という店に連行された。ここは度々来ているが、相手が...(お察し下さい)なので写真を撮りづらく、今まで紹介出来なかった。ミニ情報としてお伝えしますが、(愛すべき)小さな小汚いラーメン…

何のプレゼント?

「おめでとう!還暦祝いだよ」と娘たちからシャツとパンツを頂きました。 「ありがとう!」は、もちろんなんだけど 誕生日ではあるけれど、まだ還暦じゃないんですけど…。Such Is Life.

スーパーチューズデー! ステーキのあさくま

ステーキのあさくま 鹿谷ガーデン店 (浜松市中区鹿谷町) 何十年振りかでやって来た「あさくま」。以前にも書きましたが、火曜日は昼食を食べて夕食を抜く日となっている。これは「スーパーチューズデー」と呼ばれている健康増進のためのイヴェントだ(本気…

ワンダーランド

おやおや、大量の料理を仕入れてきたようですね。ビールも飲み放題だとか…。 これから何が始まるのでしょうか? ノブ & フッキー ディナーショー ホテルクラウンパレス浜松 会員たちが、早くその日が来ないかと毎年子供のように指折り数えている(人いますか…

「神々にえこひいきされた男たち」

「神々にえこひいきされた男たち」 島地勝彦 著 「週刊プレーボーイ」元編集長である著者は出版社退職後の現在、エッセイスト&バーマン(新宿伊勢丹にてサロン・ド・シマジ主催)として、シマジ教信徒にウイットとエスプリを送り続けている。 以前は編集者…

天丼 特に穴子丼は

丼ぶりから何かがはみ出ている! はみ出ていたのは穴子の天ぷら。二つに分かれて丼ぶりの中に隠れていれば見つからずに済んだのかも知れないのに。見つかってしまった穴子は箸で切られて次から次へと口へ運ばれていったのだった。 目立たずにひっそりと暮ら…

日本人10傑 松山英樹 PGA5勝目

プロゴルファー松山英樹が、PGA世界選手権ブリジストン招待で優勝! アメリカツアーで5勝目を挙げた松山英樹。やってくれましたね。おめでとう!彼のふてぶてしさが嫌いな方もいらっしゃるだろうが、僕は松山英樹を応援している。ふてぶてしいぐらいでなく…

ホームラン軒 一線を超えていない味

ホームラン軒 (浜松市東区半田山) 「ホームラン軒のラーメン食べたい」と次女から要請があった。この状況は父親の立ち位置を確保するために、たとえラーメンを食べたくなくても断るわけにはいかない。 滅多に来るわけではないが、ここはいつも混んでいる。…

避難 倉式珈琲

一か月以上に渡り近隣で大掛かりな工事が行われている。しかも、ある時期は2つの工事が重なり、我が家は騒音、振動、粉塵の3重苦に見舞われて、鬱蒼たる日々を過ごしている。おまけにこの暑さだ。 倉式珈琲 (浜松市中区蜆塚) そこで静かで涼しい場所を求…

四川飯店 もう一人の自分が…。

四川飯店 (浜松東区西塚町) とある事情で火曜日は昼食を食べて夕食を抜く習慣が定着しつつある(普段は昼食を食べない)。すると、ここぞとばかりに昼食はヘビーにと考えてしまうのが人間の悲しい性だ(周囲を巻き込むな!)。本来なら1.5人前ぐらいをやっ…

以前は?

以前はお蕎麦屋さん?Such Is Life.

いも祭り

じゃがいもを頂いた。 その翌日 さつまいもを頂けてくれた方がいらした。 ありがたきは友情と食い物である。この先、たとえ苦手な大学芋が毎日出てこようとも、大好きなシャトーブリアンを残してでも美味しく食べさせて頂きます(そんなもの食べたことないだ…

してもいいのは…。

もっともです。 そして 食べていいのは一人前だけ。 お代わりしていいのはご飯だけ。 楽しい食事を。Such Is Life.

ベリーニの音

落語会の後にうだうだ飲み歩いた酒徒倶楽部の会員たち。 最後にたどり着いたのは、瑞々しい桃が置かれたとあるバー。これは「大糖領」という山梨県笛吹市産の貴重な桃らしい。 この時期にバーで桃といえば、「ベリーニ」である。ベネチアにある「ハリーズバ…

落語会…だったよねえ?

「二人会」 柳家喬太郎 橘家文蔵 未だに解散する気配の無い浜松酒徒倶楽部の会員たちと落語会に参加した。これは酒徒倶楽部文化部のねーさんが、(どーしよーもない)会員の知性教養を何とかしたいとの想いから実現したものである(無駄な抵抗だとは思うが)…

老舗論 BISTRO DE TURBAN

BISTRO DE TURBAN (浜松市中区常盤町) 「老舗」とは、「代々続いて同じ商売をしている格式・信用のある店。先祖代々の家業を守り継ぐこと」(デジタル大辞泉より)とある。 こちらは間もなく創業50周年を迎えようとしているビストロだ。でも僕は現オーナー…