読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

「清須会議」 「太閤記」

book

大河ドラマ軍師官兵衛」を楽しんでる。

官兵衛も魅力あるけど、この時代、やはり秀吉が面白い。そこでこれを読む。

 

 

         清須会議 (幻冬舎文庫)

三谷幸喜的なおちゃらけ演出で登場人物の心情、せりふを「現代語訳」で書く。時代小説としては茶化しすぎかもしれないが、当事者の人間関係などわかりやすくて楽しめた。もちろん官兵衛も裏方で活躍している。

 

         新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)

その前にこれも読んだが、「人たらし」「知略」の秀吉の魅力満載。

 

官兵衛のビデオが5回分ぐらい溜まっている。最新の放映はもう本能寺の変は過ぎたのかなあ?