読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

「海辺のカフカ」 村上春樹

book

新刊が出版されると書店に渦高く積み上げられる「村上春樹」を横目に眺めながらも手に取ったことがなかった。そもそも僕にとって小説は苦手というか入り込めない世界なのだ。

それでも1冊ぐらいは世界的作家「村上春樹」を読んでおこうとチャレンジしてみた。

 

海辺のカフカ〈上〉

「海辺のカフカ」 村上春樹

ストーリーは不思議の世界。小説音痴の僕には適切なコメントが浮かばない…。

だけど作家ですから当たり前なんでしょうが、よくも言葉が湧き出てきますね。ひとつの物、事象、雰囲気を表現するのにこれでもかというぐらいの言葉が…。

それから文中に使われている固有名詞(車とか音楽や飲み物とか)が年代的に共感できる当時のハヤリモノが出て来て馴染めました。

 

さて、偶然ではあるがとあるバーで「村上春樹」を発見した。

f:id:bucketlist:20150704051244j:plain

「ロング・グッドバイ」村上春樹

 

このタイトルを見て考えた。

「ロング・グッドバイ」ってどんな「さよなら」なんだろう。

長いさよならだから永遠のさよならじゃない。

じゃあロングってどれくらいの長さ?

1年?5年?10年?

ん~時間の問題じゃないな。長いか短いかということはその人にとっての感覚だ。

良く分からないけど、いつの日か再会する日があるってことだな。

そんなこと考えてないでこの本を読めばいい?

でも村上春樹の連チャン読みは僕にはちょっときついです。

なので村上春樹に「ロング・グッドバイ」Such Is Life.