読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

「天錦」でキンチョー

f:id:bucketlist:20160201120101j:plain

天錦 (浜松市中区田町)

食通の方なら店構えの見てくれだけで料理の評価をするようなことはないであろう。

こちらもご覧の通りの店構えではあるが、当地では天丼を目当てに行列に並ぶことも厭わない食いしん坊たちが集まることで有名な天ぷら屋さんである。

 

f:id:bucketlist:20160201120806j:plain

大将が卵の黄身を掴んだ手を油の中に浸ける荒業はあまりにも有名。

 

こちらに訪問をされた方ならお分かりだろうが、店に入るや否や「天丼ねっ!」と女将さんに念押しされるのもこの店のルーティーン。つまり天丼だけしか注文してはいけないお約束と理解している。

f:id:bucketlist:20160201121021j:plain

目の前で揚げている天ぷらをご飯に載せ素早くタレを掛けたら即座に目の前に。これはアツアツなわけで美味くないわけがない。こちらも箸を動かす手がついつい速くなる。あさりがタップリ入っている味噌汁もありがたや。

 

f:id:bucketlist:20160201121743j:plain

その上、丼ぶりを半分ほど平らげた頃合に「海老の海苔巻き」の揚げたてを追加して上蓋に放り込んでくれる。この「おまけ」感がまた嬉しい。

 

この日は開店一番乗りで入店したので女将さんの立ち位置の脇の席に着いた。過去の経験から「天丼ねっ!」「お願いします」だけが店内で許される唯一の会話と思いきや「これから何処行くの?」なんていうお言葉を頂く。正直ちょっと〇わい女将さんだと思っていたので意外な展開。

ただ、女将さんとの会話の間合いを計算することや隣で天丼の食べ方を監視されているのではないかという精神的疲労により、人気天丼の醍醐味を存分に味合うことが出来なかったのも事実である。Such Is Life.