読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

欧風家庭料理 ミルポア

f:id:bucketlist:20160806162651j:plain

欧風家庭料理 ミルポア (浜松市中区海老塚)

准教授とランチに向かう途中で、ふと思い出したレストランへ行ってみることに。こちらは30年近く前に訪問した記憶が。昔のことは何故か良く覚えている。「欧風家庭料理」というハートウォーミングなネーミングに惹かれる。

 

f:id:bucketlist:20160806163207j:plain

小さな路地を入った目立たない場所にあるが、建物は如何にも欧風で見つけ易い。

店名の「ミルポア」の意味を調べてみると「フランス料理用語。ニンジンやセロリ、玉ねぎを煮込んだもの。あるいは、野菜を1センチメートル程度の賽の目に切ること。」とのこと。お店の方は、店名の由来を聞かれると面倒臭いことになりそうだ。

 

f:id:bucketlist:20160806172041j:plain

エントランスにはセットメニューも掲示されていて、安心して入店できる。ただ「お願い」の張り紙が…。これについては後ほどに。

 

f:id:bucketlist:20160806163937j:plain

f:id:bucketlist:20160806164338j:plain

奥の席に別のお客さんがいらしたので全景は撮れていないが、店内はかなりの面積だ。テーブル間も広く取られているのが嬉しい。落ち着いて食事ができる空間。30年ぐらいは営業されているはずだが、とても綺麗にされている。

 

f:id:bucketlist:20160806164244j:plain

エントランスに貼られていた「お願い」はこちら。「お静かにお願いします。」ということ。常々、静かで落ち着いている自分としては当然であり有難い要望。

注文を取りに来られた奥様と思しき方も、物腰の静かなご丁寧な応対。「お願い」から想像してしまう威圧感は全くなし。

 

f:id:bucketlist:20160806164744j:plain

サラダです。ランチセットにはサラダ、パンかライス、ドリンクが付く。

 

f:id:bucketlist:20160806164835j:plain

ハンバーグセット @1,080円

昔ながらの洋食屋さんの雰囲気が、盛り付けの顔にしっかり出てる。少々固めではあるが、ボリュームもありライスが進むハンバーグだ。

 

f:id:bucketlist:20160806165603j:plain

デミグラスソースは赤ワインから出ていると思われる酸味が効いている。他にきのこの入った和風ソース(ちょっと記憶が定かではないが)も選べるとのこと。この雰囲気+味で上記のプライスは間違いなくお値打ちだ。

 

f:id:bucketlist:20160806165621j:plain

アイスコーヒーが白いお皿に載っかてきたのは、何故かウエルカムな気分だ。

以前のブログで「洋食屋のライスはお皿に載っていて欲しい。出来れば白くて安っぽいお皿に…。」なんてことを書かせてもらった。「安っぽい」は余計であったが、こちらの店は希望を叶えてくれていた。

 

食事を終えて外に出ると「昼の営業終了」の札がぶら下げられていた。その時間、未だ13時を少しだけ過ぎたところ。高齢になったシェフがボチボチ感で営業されているのかな。まあ、そのゆったり感も僕にとってはありがたいけど。人気店で待ち客に押し出されるように店を出るのはどうもね…。Such Is Life.

 

f:id:bucketlist:20160922112918j:plain

愚留満 作