読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

麺屋さすけ

food

先輩から「あそこのラーメン、どんな感じか食べに行ってこいよ」と言われる。「わざわざ掛川までラーメンをですか?」(自宅からラーメン屋まで車で40~50分)

f:id:bucketlist:20161226120941j:plain

麺屋さすけ (掛川市上張)

わざわざ来てしまった…。

飲んだ後にラーメンを食べることを戒めているブロガーさんもおられるが、昼間にだってラーメンを食べることもあるのだ。

 

f:id:bucketlist:20161226121300j:plain

若いお兄さんとお姉さんの二人で営んでいるようだ。店内は真剣にラーメンと向き合っている店主の張り詰めた緊張感が漂っている。8か9席ぐらいのカウンターのみの小さなお店ではあるが、訪問時は満席で外で待つことになった。寒い。

 

f:id:bucketlist:20161226121437j:plain

材料にもこだわりがあり、化学調味料は使わないで体に優しく毎日でも食べられるラーメンを目指しているとのこと。素晴らしいスタンスだ。でも、いくら体に優しくても毎日は来れません…。

 

f:id:bucketlist:20161226121602j:plain

丸鶏醤油そば @800円

一見オーソドックスな醤油ラーメンに見えるが、スープも麺もしっかりと仕事をしている料理人の手応えを感じる。派手さは無いが、深みのあるスープだ。チャーシューは豚と鶏が各一枚づつ添えられている。豚チャーシューはトロけるような舌触りで鶏の方はしっとり。どちらの材料も丹精が込められている職人気質の味だ。中年以上の年齢でもサラリと食べられる落ち着きのあるラーメンだ。

 

f:id:bucketlist:20161226121716j:plain

貝塩そば @900円

こちらは魚介で取った出汁。一口目ではさっぱりしているように思えるが、先へ進むと魚介の旨みがギュッと閉じ込められているのが分かる。カミさん注文のスープを貰っただけなのでそれ以上は分からないが、次はこちらを食べてみたいと思わせるスープだった。

 

先輩に「麺屋さすけ」に行って来たことを報告すれば、「本当にわざわざ行ったのか?バカじゃねえ?」と言われるのがオチなので内緒にしておきます。ほんとに面倒くさいわ…。Such Is Life.