読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

時空を超える旅 ルクソール エジプト紀行 vol.2

f:id:bucketlist:20170315135802j:plain

前夜はルクソールのホテルに深夜に到着。4時間ほどの睡眠であったが、格安ツアーは休む暇を与えてくれない。早朝ホテル前の船着場からナイル川を渡って対岸(西岸)に向かう。日中の日差しはきついが、朝の川面の風は爽快だ。

 

f:id:bucketlist:20170315140107j:plain

メムノンの巨像

新王国時代のアメンホテプ3世の座像。後の王たちによって石材として使用するために破壊されてしまった。少々残念なお姿である。

 

f:id:bucketlist:20170315140830j:plain

王家の谷

数多くの王の墓が並ぶ谷。ツタンカーメンの墓もここで発掘されている。大半の墓は墓場泥棒に荒らされてしまったようだが、ツタンカーメンの墓は手つかずで見つけられたため、黄金のマスクなど貴重な宝飾品が残されている。ここは写真撮影が禁止されているためカメラの持ち込みも出来ない。だけど写真はある。

 

f:id:bucketlist:20170315141207j:plain

以前のブログで紹介した通り「墓場の沙汰も金次第」ということで、賄賂を払って写真を撮ることになってしまった(スマホは持ち込み可だった)。本当は撮影する気は無かったが、門番が賄賂目当てに「写真撮れ、写真撮れ」としつこいのなんのって(土産物屋の客引きもしつこくて五月蝿い)。だからエジプト、モロッコ、インドが世界三大ウザイ国に認定されているらしい(旅人の間で)。

 

f:id:bucketlist:20170315143737j:plain

ハトシェプスト女王葬祭殿

ハトシェプストはエジプト初の女王。葬祭殿の周囲は、何か埋蔵品が出てくるのではないかと掘りまくったようだ。あまり成果は無かったみたいだが。

 

f:id:bucketlist:20170315143938j:plain

葬祭殿ではお祭り開催中!?

 

f:id:bucketlist:20170315144045j:plain

実はエジプト人の現地ガイドさん。日本語堪能。お客を誘導する旗に何故か祭印。

 

f:id:bucketlist:20170315144259j:plain

ここは1997年にイスラム原理主義過激集団により観光客を狙った無差別テロがあった場所だ。色んな意味で怖れ多い遺跡。どうか世界の平和を叶え給え。

 

そして昼食へ。

f:id:bucketlist:20170315151742j:plain

モロヘイヤスープ

エジプト名物のスープだけど、申し訳ないが全部は飲めなかった。妙な匂いとアブラっぽさが鼻に付く。周囲も殆どの方が残されていた。人気薄な可哀想なスープであった。

 

f:id:bucketlist:20170315152306j:plain

アエーシというこのパンがよく出てくる。ほんのり香ばしさと酸味を感じる。2枚構造で中に空洞があるので料理を挟むと食べ易い。

 

f:id:bucketlist:20170315152337j:plain

これは何という料理か不明。どこに行っても毎回豆料理が出てくるようだ。味は語らないでおく。(味は分かりましたね?)

 

f:id:bucketlist:20170315152408j:plain

ケバブ、チキン、ポテトとライスのプレート。調理の数量を間違えたらしく、僕を含めて3人分がかなりの時間待たされた。ウエイターを叱りつけてやって「もー食ってやるもんか!」と思ったが(実は自分の皿が来るまでカミさんの皿をつついていたが)、ケバブが旨くて完食。食い意地には勝てぬ…。

 

f:id:bucketlist:20170315145311j:plain

カルナック神殿

カルナックの中でもアムン神殿はエジプト最大規模の遺跡。ここは見応え充分。

 

f:id:bucketlist:20170315145551j:plain

f:id:bucketlist:20170318113156j:plain

大列柱室

この柱は見事だ。圧倒される高さと太さ。ここは感動した。よくぞこれだけの物を数千年前に建てられたものだと。奥に聳えるオベリスクも立派だ。

 

f:id:bucketlist:20170315150417p:plain

太さを測りましょうということで手を繋ぐ。10人でした。

 

f:id:bucketlist:20170315150852p:plain

オベリスクを倒すような行為は固く禁じられています。

 

f:id:bucketlist:20170315151015j:plain

ルクソール神殿

パリのコンコルド広場にあるオベリスクは、ここに2本あった内の1本をナポレオンが持ち帰った(盗んだ)物。フランスはお返しに時計を贈ったらしいが(カイロのモハメッド・アリモスクにある)、初めから壊れていて今まで一度も動いたことがないそうな。略奪のエクスキューズにしては、情けないんじゃないのフランスさん。

 

f:id:bucketlist:20170315151429j:plain

正直言っちゃうと、カルナック神殿を見た後ではこちらは少々見劣りが…。

 

f:id:bucketlist:20170317093948j:plain

壁画の意味もガイドさんの説明を聞くと「へ~~っっっ」となるが、記憶で・き・な・い…。壁画にまつわる神話や伝説もなかなかの浪漫があるのですがね。

 

ルクソールでこれらの遺跡を観光後、バスにてアスワンへ移動。これが5時間半の長旅。バスでは余り寝られない僕には、ハッキリ言ってキツイ。車窓から単調な景色を眺めながら、暇潰しに音楽聴いて煎餅をボリボリ…。隣で寝ている何処でも寝られる人が羨ましい。アスワンにヘトヘトになって到着。Such Is Life.