読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

青春(実は壮年)18きっぷの旅 浜松~姫路~倉敷編

このところ食事を題材にした取り留めのないブログ(いつものことだが)を書いていたが、これは青春18きっぷを使って訪れた街での食事だった。現地より素材が新鮮な内にお届けしようと発信していたわけだ。「青春(実は壮年)18きっぷの旅」は、カミさんの強い希望(強制)により実現(執行)した。これから(誰も望んではいないでしょうが)貴重な未公開写真などを掲載して旅のまとめをしたいと思います。

 

f:id:bucketlist:20170408120736j:plain

06:01浜松出発。正直なところ電車は苦手だ。しかも長時間では。疲れても車を運転していた方が性に合ってる。

 

f:id:bucketlist:20170408121100j:plain

11:18姫路着。休憩と昼食を兼ねての途中下車。

 

f:id:bucketlist:20170408121245j:plain

一成 だるまや (兵庫県姫路市駅前町)

結論を急ぐならば「昼からやってる居酒屋」

 

f:id:bucketlist:20170408131034j:plain

姫路おでん 

生姜醤油でサッパリなおでんは昼呑みの良き相棒だ。(どうやら呑んだようです)

 

f:id:bucketlist:20170408131142j:plain

穴子丼 

薄味だけど臭みは無し。カミさんとシェアして昼ご飯を済ませる。

 

f:id:bucketlist:20170408131517j:plain

明石の鯛は諦めて、たい焼き(鯛焼本舗 遊示堂)を。あんこ、たっぷり。

 

13:05姫路発の電車に乗って

f:id:bucketlist:20170408131846j:plain

14:58倉敷着。とりあえず本日の目的地まで到着。

 

f:id:bucketlist:20170408132313j:plain

倉敷といえば、この風景でしょう。白壁のお屋敷が並ぶ落ち着いた街。

 

f:id:bucketlist:20170408132536j:plain

三宅商店 (岡山県倉敷市本町)

人気のレトロな喫茶店ということで訪問したが、

 

f:id:bucketlist:20170408132732j:plain

f:id:bucketlist:20170408132803j:plain

まーまあー、そういうことでした。(深くは追求しないで下さい)

 

f:id:bucketlist:20170408133008j:plain

蔵Pura 和膳風 (岡山県倉敷市阿智)

夕食はネットで見付けたこちらの店で。

 

f:id:bucketlist:20170408133138j:plain

鰆(さわら) 

魚へんに春なので旬かと思い注文を。ねっとりとした食感で美味。正解だった。

 

f:id:bucketlist:20170408134041j:plain

荒走り 

折角なので倉敷のお酒を。麹の香りが立っていて口当たりがいい。飲みきれなかったので、ホテルに持ち帰り無理して飲んだら翌朝プチ二日酔いに。(無理ではないな。定めだと思うぞ)

 

f:id:bucketlist:20170409104055j:plain

シャコの酢漬け 

近隣の瀬戸内海で獲れるのか、シャコ料理メニューが色々あった。しかし、今日はこれしか無いと言われる。シャコ好きなんですがねえ…。

 

f:id:bucketlist:20170408133323j:plain

煮穴子 

味はいいんだけど、顔は付けてくれなくても良かったのに。

 

f:id:bucketlist:20170408133522j:plain

返し寿司 

錦糸卵だらけの箱をひっくり返すと

 

f:id:bucketlist:20170408133739j:plain

裏側には美味しそうな具が敷き詰められている。何故こんなに面倒臭い寿司なのかは下記を参照して下さい。

 

その昔、備前岡山の藩主池田光政候は「食膳は一汁一菜」という、質素倹約を奨励しました。しかし人々は、一見すると玉子のみの寿司ですが、箱ごとひっくり返すと豪華な寿司が現れる「返し寿司」を考案。これに汁を添えて体裁だけは一汁一菜としたのです。(☚いつの世にも食いしん坊はいるものですね~、やだやだ…)

 

f:id:bucketlist:20170408134621j:plain

倉敷はデニムの街でもある。デニム製品があちこちで売られている。パンツは買わずとも、お茶目なミーを撮らせて頂きました。

 

各駅停車(一部快速)の旅、疲れたものの初日は順調。でも先は長い。Such Is Life.

 

 *この日の乗車時間はトータルで約7時間。