読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

カツ丼 「藤屋支店」

f:id:bucketlist:20170501082613j:plain

藤屋 遠州浜支店 

浜松市遠州浜、ここはよほどの用事がなければ足を踏み入れる場所ではない。気の利いた店舗があるわけでもなく、どこかへ向かう道すがら通過するような位置にもない(住民の皆様ごめんなさい)。しかし、カツ丼を食べたくなり食べログで検索したところ、遠州浜にあるそば屋がヒットした。これは意外なことだ。

 

f:id:bucketlist:20170501082735j:plain

昔ながらの普通のそば屋だ。でも食べログには「自分の中で5本の指に入るカツ丼」とか「日本一のカツ丼」と書き込みされている。気になるのは書き込みがこのふたつの記事だけであることだ…。

 

f:id:bucketlist:20170501082820j:plain

老夫婦がお二人で営まれていた。何故かプロゴルファー青木功がハワイアンオープンで優勝した大昔の新聞が額縁に入れられて飾られていた。青木プロがこちらの蕎麦を好きだったとか?(ないない)そんなことよりも、御夫婦の様子を伺っているとカツ丼にありつけるまでに相当の時間を要することが一目瞭然だ。

 

f:id:bucketlist:20170501082848j:plain

カツ丼 @750円

先客8名(予約客も含めて)がいらしたが、 順々に出来上がって来るのだがなんとものんびりだ。カツ丼を目の前に出来たのは入店後40分以上経ってから。でも御夫婦の様子を垣間見て、最初から(こりゃダメだと)遅くなることを承知していたので気長に待った。見渡せば全員がカツ丼を注文している。そば屋なのに。これは期待できるかも。

 

f:id:bucketlist:20170501082906j:plain

肉は結構な厚みだ。脂身もそこそこ入っている。失礼ながら安っぽそうな豚肉なんだけど柔らかくて味も良い。半熟の玉子は甘めのタレと絡み合い、玉ねぎがしんなりしていて豚カツを優しく包み込んでいる。「日本一」は眉唾だが、わざわざ縁遠い場所まで来ても楽しめるカツ丼だった。ご馳走様でした。

 

f:id:bucketlist:20170501082925j:plain

中華そば @550円

あれっ!カツ丼を食べ終わるとラーメンが! 実はご一緒した方が、あの方だったので。僕は蕎麦にしようかと思ったが、「え~っ!そば~?」と蕎麦を打ち消しラーメン(そば屋のラーメンは結構いける)に誘導されてしまったから。カツ丼は満足の味だったのであえて言わせて頂きますが、これは無理してまで食べることはありません。

 

f:id:bucketlist:20170501082943j:plain

カツ丼のサービスだと思うけど、食後にアイスクリームが出て来た。久し振りのそば屋での2点喰い。正直無茶でしたが完食です。無茶なことって、どうして楽しいのだろう?(僕だけ?)

 

帰り道で准教授がポツリと呟く。「アイスクリーム食べたいなあ」「さっき食べたでしょ!?」「あゝそうだった…」

もしかして、カツ丼食べたのも忘れてしまったのかなあ…?Such Is Life.