Such Is Life

soul-searching-diary

映画 喜望峰の風に乗せて

f:id:bucketlist:20190320095153j:plain

喜望峰の風に乗せて(THE MERCY) 2017年 英

監督 ジェームズ・マシュー

主演 コリン・ファース  レイチェル・ワイズ

 

「家族の愛と小さな街の期待を胸に、過酷な単独無寄港世界一周ヨットレースに挑戦したアマチュアセーラーと、彼を待つ家族、夢に熱狂する人々を描く感動の実話」

 

このキャッチコピーに乗せられた。僕は実話に基づく映画が好きだから。

 

f:id:bucketlist:20190320095406j:plain

しかも、「英国王のスピーチ」以来、お気に入りのコリン・ファースが主演と来たら、観に行かないわけにはいかなかった。

 

f:id:bucketlist:20190320095428j:plain

 「このままでは帰れないー愛しているから」(キャッチコピーより)

 

帰れない気持ちも分からないでもないけど、その結末はねえ…。

 

僕なら何があっても家に帰りますね。家族からは「何処からかやって来るおじさん」と呼ばれていますがね。「今夜も泊っていきますよ」Such Is Life.

 

やきとり家 すみれ

f:id:bucketlist:20190317102935j:plain

やきとり家 すみれ 浜松篠ケ瀬店

准教授が晩酌の場所に指定したのは、鶏料理をメインにした居酒屋チェーン店だった。6時前の入店時には、まばらな客の店内だったけど、あっという間に満員御礼になっていた。

 

f:id:bucketlist:20190317102958j:plain

雑誌のようなメニュー。「SMILE」が、店名の「すみれ」と「スマイル」を掛けていることには全く気が付いていない准教授だったが、笑顔でメニューを眺めていた。

 

f:id:bucketlist:20190317103032j:plain

レバッチョ(レバーにごま油)

席にあるタッチパネルを使ってオーダーするシステムだったが、操作に不慣れな准教授は、この品を2皿分タッチしてしまった。運ばれた2皿を前にして焦燥していた准教授だったが、優しい店員さんが1皿取り下げてくれた。

 

f:id:bucketlist:20190317103057j:plain

よだれ鶏

こちらの店の看板商品は、鳥取の「大山どり」。メニューには、想像しただけで「よだれ」が出て来ると書かれている。向かいの准教授を見たら、決して誇大表現ではない事を確信した。

 

f:id:bucketlist:20190317103122j:plain

ねぎ塩ダレのコリコリ砂肝

 

f:id:bucketlist:20190317103148j:plain

大山どりのから揚げ

 

f:id:bucketlist:20190317103217j:plain

チーズタッカルビ

何度かこの料理の話題を聞かされていたけど、未体験だったので一度食べて見たかった。

 

f:id:bucketlist:20190317103252j:plain

 これは、ずるいな…。具材は殆どがキャベツなんだけど、甘辛いタレとチーズを合わせれば、ボリューム感も増して濃厚でグッとくる味になっている。准教授も気に入ったようで、汗をかきかき掻き込んでいた。

 

この夜、すみれ(SMILE)で一番の笑顔を見せたのは准教授だったに違いない…(笑)Such Is Life.

 

Yeni Raki

とあるバーのブログで、Yeni Raki (イエニ・ラク)というトルコの酒が紹介されていた。僕はこの手の香りが強い酒は苦手なのだが、マスターの腕でフレンチ・サマー風に仕上げてくれるという。

f:id:bucketlist:20190318084330j:plain

Turquoise Summer

「アニス(ういきょう)は、地中海の香り…」とマスターは仰る。僕は地中海の香りがどんなんだか知らないが、この強烈なラク酒を見事なまでに爽やかなカクテルに仕上げてくれた。

 

いつもは黙っていると、お決まりのウイスキーを注ぐだけ(当たり前だが)のマスターが、仕事をしている(カクテルを作る)姿を久々に見た気がした…。Such Is Life.

 

映画 グリーンブック

f:id:bucketlist:20190315103937j:plain

グリーンブック 2018年 米

監督 ピーター・ファレリー

主演 ビゴ・モーテンセン  マハーシャラ・アリ

 

暫く前、映画館も無い村に住んでいらっしゃる教養高きご婦人のブログで紹介されていて、気になっていた映画です。

 

f:id:bucketlist:20190315105637j:plain

 

傑作です。心が温かくなって爽快になります。

そして、フライドチキンを食べたくなります。Such Is Life.

 

f:id:bucketlist:20190315105527j:plain

* 紹介して頂いたご婦人に感謝です。

 

モスク

f:id:bucketlist:20190313075054j:plain

スルタンアフメット・ジャーミー(ブルーモスク)

f:id:bucketlist:20190313075113j:plain

f:id:bucketlist:20190313075130j:plain

f:id:bucketlist:20190313075147j:plain

f:id:bucketlist:20190313075204j:plain

とてつもなく天井が高くて大きいのですが、大屋根が修復中のために豪華絢爛な装飾の全景を拝むことが出来ませんでした(泣)。それにしても、偉大な建築物です。

 

f:id:bucketlist:20190313075219j:plain

アヤソフィア(現在は博物館)

f:id:bucketlist:20190313075246j:plain

f:id:bucketlist:20190313075308j:plain

こちらも修復中…。

f:id:bucketlist:20190313075326j:plain

元はギリシア正教で、後にイスラーム寺院となった証のキリスト画。

f:id:bucketlist:20190313075345j:plain

イスタンブールに来たことを実感する光景です。Such Is Life.

 

バザール(イスタンブール)

f:id:bucketlist:20190312141020j:plain

グランドバザール

f:id:bucketlist:20190312141153j:plain

f:id:bucketlist:20190312141230j:plain

f:id:bucketlist:20190312141247j:plain

f:id:bucketlist:20190312141309j:plain

f:id:bucketlist:20190312141329j:plain

f:id:bucketlist:20190312141344j:plain

エジプシャンバザール

f:id:bucketlist:20190312141448j:plain

f:id:bucketlist:20190312141407j:plain

f:id:bucketlist:20190312141425j:plain

f:id:bucketlist:20190312141513j:plain

f:id:bucketlist:20190312141536j:plain

バザールには色んな物(大した物は無い)を売っていますが、十分な注意が必要です。僕は安物のおもちゃ2つを買ったのですが、先ずは1個だけ渡してきました。「もう1個寄こせ!」と言うと、忘れていたかのように差し出します(分かってやっています)。お釣りも注意です。145リラのお釣りに対して、45リラだけ渡してきます。そして、すかさず他の奴(グル)と話し出して、僕を無視します。「おい!もう100リラ!!」と言うと、渋々残りを渡してきました。

 

まあ、値切り交渉とインチキ店員とのやり取りも、バザールでの愉しみ方とも思いますが…。Such Is Life.