Such Is Life

soul-searching-diary

PARTY

f:id:bucketlist:20181119072531j:plain

とあるパーティーのお誘いを頂いた。正直言って僕自身は、さほど関わりの無いお店のお祝いであったのだが。

 

f:id:bucketlist:20181119073035j:plain

ジャズバンドも入って華やかなパーティーだった。でも、僕は立食のパーティーが苦手である。料理を取るタイミングや量が悩みのタネだ。ガッツいていると思われてはいけないし、遠慮していたら瞬く間に料理が無くなってしまうから。

 

f:id:bucketlist:20181119073137j:plain

終盤のデザートで、仲間とミニケーキをシェアしたが、これが結構美味しかった。皆おかわりが欲しくなったが、既にケーキは売り切れだ。ふと気が付くと、テーブルの上にケーキが数個盛られた皿が置かれていた。どうやら隣のカップルが取ってきた物のようだ。折しも主賓のトークショーが始まり、彼らはステージに駆け寄って行ってしまった。

 

f:id:bucketlist:20181119083100j:plain

カップルがテーブルに戻って来ると、ケーキは無くなっていた…。Such Is Life.

 

関係者の皆様、創業30周年おめでとうございます。

 

創彩 季の味 なかやま

f:id:bucketlist:20181112073045j:plain

なかやま (浜松市北区都田町)

次女の誕生日に、カミさんがこちらの店へ連れて行きたいと言う。お願いして僕も連れて行ってもらうことにした。場所は、はままつフルーツパークの入り口手前。自宅からはかなりの距離だ。

 

f:id:bucketlist:20181112073100j:plain

ランチも予約制のようで、全室個室形式。7部屋ほどあったと思うが、全て埋まっている雰囲気だった。この立地条件(僻地)にしては超人気店かも。

 

f:id:bucketlist:20181112073119j:plain

前菜の盛り合わせ

カミさんから「帰りは私が運転するから」とアルコールのお許しを頂いた。娘の誕生日に、ちゃっかり便乗させてもらう。おめでとう!乾杯!!

 

f:id:bucketlist:20181112073134j:plain

焼き豚と香味野菜巻き(前菜の内の1品)

 細かい仕事をされています。

 

f:id:bucketlist:20181112073154j:plain

里芋と雑穀米のキッシュパイ

和物と洋物を巧みにアレンジしています。

 

f:id:bucketlist:20181112073212j:plain

カリフラワーのスープ

まろやかでカリフラワー独特の野菜風味は抑えられています。

 

f:id:bucketlist:20181112073230j:plain

鮮魚のポワレ

何の魚かは忘れたけど、ソースが濃厚です。

 

f:id:bucketlist:20181112073250j:plain

魚も美味しかったけど、濃厚なソースにバゲットが合いました。

 

f:id:bucketlist:20181112073311j:plain

鶏肉と香味野菜のソテー

こちらも濃い目の味付けです。田舎者にはこれぐらいが受けるのかも知れません(誰が田舎者なのかは言えませんが)。

 

f:id:bucketlist:20181112073330j:plain

これと一緒にご飯と味噌汁、それから香の物が出て来ましたが、その3点の味が凄く美味しくて、濃い味の鶏肉と調和します。シンプルな物にもこだわりがあるようです。

 

f:id:bucketlist:20181112073354j:plain

本日のデザートと珈琲

僕の場合は甘いものはともかく、すっきりとした珈琲に感激でした。

 

これでランチ2,000円(一番安いコース)です。個室でゆっくりと食事を楽しめるのでお値打ちかと思います。娘の誕生日で来たことを忘れてしまいそうなくらいでした。Such Is Life.

 

日本史の内幕

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)

日本史の内幕 磯田道史著

 

歴女…なのか、はたまた気まぐれで読んだのかは知らないが、読書家の方から歴史に関する本をお借りした。

人気歴史家の著者が、古文書を読み解き、未だ知られていない歴史の深層部を探る。最近はこの手の本を愉しんで読めるようになった気がする。歴史って見る方向を変えると景色が違ってくる。視点を変えると、ある人物が善人にであったり悪人であったりする。それは現在でも同じことか…。

 

本の内容はさておき、知らなかったのは著者が僕の家から程近い静岡文化芸術大学の准教授を勤め、3年ほど浜松に住んでいたということ(家康の研究をしていたらしい)。浜松市の歴史イヴェントに登場されたり、知った名前の居酒屋にも立ち寄っていたらしい。

 

まあ~、それを知ってたとしても、何の関わりもなかったと思いますが…。Such Is Life.

 

信玄餅

f:id:bucketlist:20181107065200j:plain

早朝庭木を伐採していると、「あら~早いわね~」と近所のおばさんが出て来た。「今から山梨へ行くの。信玄餅の詰め放題をやってくるのよ~」と楽しそうだった。

 

翌日、おばさんが「11個詰めたのよ~」と、信玄餅との格闘を事細かく語りながら、お裾分けをしてくれた。

f:id:bucketlist:20181107065233j:plain

信玄餅を食べるのは何年振りだろうか。実は僕はこれをあまり好きではない。

 

f:id:bucketlist:20181107065251j:plain

このきな粉に蜜が上手く馴染まない感が嫌いなのだ。容器が小さいので、きな粉がこぼれるし。先に蜜を掛けてから、きな粉をまぶすようにすればいいのにと、昔から思っていた。

 

f:id:bucketlist:20181107065310j:plain

優しいおばさんから頂き物をしておきながら、桔梗屋と山梨県民及び信玄餅ファンの皆様を怒らせてしまったかも知れない。Such Is Life.

 

再訪 鶏鯱

f:id:bucketlist:20181105110331j:plain

鶏鯱 (浜松市中区田町)

暫く前のことなので、少々記憶が薄いのですが、以前お邪魔した焼き鳥屋さんへ2度目の訪問。

 

f:id:bucketlist:20181105110353j:plain

開店と同時に入店したので、我々以外にお客さんは居なかったけど、瞬く間に店内満員でした。

 

f:id:bucketlist:20181105110421j:plain

日曜日だというのに人気ありますね。

 

f:id:bucketlist:20181105110446j:plain

「注文いいですかあ?」「できませ~ん」ってな具合にぶっきら棒な大将ですが、常連さんたちは承知の上で笑ってます。

 

f:id:bucketlist:20181105110512j:plain

焼き鳥屋のくせして、上物の鰹でした。

 

f:id:bucketlist:20181105110532j:plain

前回美味しかった秋刀魚の串焼きをリピート。見てくれは蛇みたい。

 

f:id:bucketlist:20181105110746j:plain

大将が忙し過ぎる割には、何とかかんとか出て来ます。

 

f:id:bucketlist:20181105110807j:plain

ニラレバ炒め食べて終了です。

 

大将、注文したタンの串焼き忘れましたね?

未だにタンが食えなかったと、ブツブツ言ってるヤツがいます。Such Is Life.