Such Is Life

soul-searching-diary

「いな穂」 普通にいけてる食堂

f:id:bucketlist:20170819154813j:plain

「老舗の味」「カツ丼」「しょうゆラーメン」

この3列の文字が語りかけてくる。「さあ。こっちへ。おいで」と。見事な3段論法だ(論法か?)。

 

f:id:bucketlist:20170819154840j:plain

いな穂 (浜松市東区大島町)

早朝、准教授から「御殿場にいる。昼前には浜松に戻る。ランチしたい」との連絡が。

*これは3段論法とは言えない。

 

f:id:bucketlist:20170819154907j:plain

このメニュー看板を見て数秒で准教授の視点は右から3枚の札にフォーカスされる。

●との様セット ミニカツ丼・チャーシューメン・サラダ付

●スペシャルセット カツ丼・ラーメン・サラダ付

●太郎セット ミニカツ丼・ラーメン・サラダ付

 

「スペシャルにしよう」「いや、との様だ」「やっぱり太郎にしよう」

准教授の脳内を3種類のセットが駆け巡る(ぐるぐる、ぐるぐる…)。距離にして地球を約1周半ほどであろうか…。

 

f:id:bucketlist:20170819154938j:plain

太郎セット ミニカツ丼・ラーメン・サラダ付 @880円

結局3点の中では一番小盛なセットに落ち着く(意外過ぎる。どうしたんだ?)。僕も同じものを(当然)。

 

f:id:bucketlist:20170819155009j:plain

こちらの店は老夫婦で営まれている。店構えも普通の住宅っぽくて、店内もメニューも飾り気のない普通の食堂。

 

f:id:bucketlist:20170819155032j:plain

何も特筆することが無い味だけど、ブレようのない安心の味。期待もしないが後悔もしない普通の味だ。

 

f:id:bucketlist:20170819155055j:plain

チャーシューが厚い。との様セットのチャーシューメン(チャーシュー5枚入り)にしなくて命拾い(多分食べきれなかった)をした准教授であった。

 

f:id:bucketlist:20170819155154j:plain

最初見た時には「あ~ミニでなく、フルにすれば良かった」と思ったが、十分なボリュームで普通に旨い。

 

f:id:bucketlist:20170819155121j:plain

もうこの頃に頭に浮かぶのは「次に来たら何にしよう…?」

 

*昼のサービス品「やきめしセット」ミニやきめし・ラーメン・サラダ付 @680円

 

「次はあれだな」「あれ安いよな…」

こんなことを真剣に語り合うアラ還暦のオヤジたち。この人たちも普通ですよね?Such Is Life.

 

スペイン語学習

f:id:bucketlist:20170818083640j:plain

Tortilla de anchoa (アンチョビのオムレツ)

 

f:id:bucketlist:20170818083616j:plain

Ensalada de salmon (サーモンサラダ)

 

f:id:bucketlist:20170818083703j:plain

Pollo al ajillo (チキンのアヒージョ)

 

f:id:bucketlist:20170818083730j:plain

Risoto de mariscos (シーフードリゾット)

 

Esta buenisimo! (とても美味しい!)

 

スペイン語学習のために料理を。(意味がよくわからないと思いますが)

一番上のオムレツだけど、本当はオイルサーデンを入れるものだったのに、間違えてアンチョビを入れてしまった。しかも大量に。しょっぺ~。大失敗だわ(泣)

Este tipo de cosas a mi vida.(Such Is Life.)

 

Hasta luego (じゃあ、またね)

 

*スペイン語の信憑性は保証の限りではありません。

 

天津飯

f:id:bucketlist:20170817083836j:plain

ゴルフ仲間の一人は、天津飯(てんしんはん)を「てんつはん」と読んでしまうような〇〇な方だ。おまけに天津飯が出来上がってくると「天津飯ってこれだったのかあ?思ってたのと違うなあ?」と仰る。

 

f:id:bucketlist:20170817084203j:plain

この写真を撮ろうとしたら

 

f:id:bucketlist:20170817084231j:plain

横から箸を割り込ませてきた。僕はこんな人たちとゴルフをしている。おまけにしょっぱくて人参とピーマンの味しかしない天津飯だった。


名前を間違えられ、写真写りを邪魔され、不味く作られた可哀想な天津飯。Such Is Life.

 

四国の城巡り運転手の旅 其の三 宿毛~高知

城巡りマニアの運転手としてやって来た四国。二泊目の宿泊地は高知県の宿毛(すくも)。初めて聞く地名だったが、かなりくたびれた町だった(正しくは寂れたではないですか?)

 

夕食の場所の当てが無いのでホテルで聞いて、「さんがい」という居酒屋を訪問。お店は3階ではなく1階にありました…(苦)。

f:id:bucketlist:20170815114442j:plain

亀の手

亀の手といっても、あの(海中を泳ぐ)本物の亀の手ではなく、岩に着くフジツボとかエボシガイと同類の甲殻類らしい。殻の中の小さな身は、磯の香りの漂う貝類の味。見てくれよりは美味しくて、珍しいものにありつけた喜び。

 

f:id:bucketlist:20170815114510j:plain

カツオ

高知に来たならカツオだ。たたき(藁で炙るやつ)が無かったのは残念だったけど、朝獲れのカツオ(女将談)はモチモチ。後のことは気にせず (考えれない?)、ニンニクと一緒に爆食い(この皿一人前を各自一皿ずつ)。

 

f:id:bucketlist:20170815114537j:plain

ネイリ

黒板に書かれていた聞いたことのない名前を女将さんに伺うと「カンパチよ」と。これも新鮮、脂の乗りというよりもシコシコ食感が最高!これも各自一皿ずつ一気食い。

 

f:id:bucketlist:20170815114601j:plain

モイカ

 まーこれはなんだが、モーイーカ…(恥)。

 

f:id:bucketlist:20170815114632j:plain

巻貝

海岸に近い田舎町では、こんなのを手をべちゃべちゃにしながら貪るも楽し。

 

f:id:bucketlist:20170815114657j:plain

土佐鶴

ここでも地元の酒を頂いて。新鮮な魚と(今回は込み合っていて注文しなかったが)他にも焼き物や煮物が揃う居酒屋。とにかく安くて気兼ねが要らない。ここは呑兵衛仲間と一緒だったら、どっぷり浸かって翌日は悲惨な朝を迎える匂いがする居酒屋だった。

 

さて、翌朝も早々にホテルを出発。最終日は高知方面を通過して浜松へ戻るルート。

f:id:bucketlist:20170815114803j:plain

「日本三大がっかり名所」って知ってますか?

「高知のはりまや橋」「札幌の時計台」は不動のがっかり名所で、第3位には「長崎のオランダ坂」「沖縄の守礼門」「天橋立」などが入賞するようだ。

僕の周囲では「はりまや橋」「天橋立」に続いて「高橋」が、「日本三大がっかり橋」に選定されています。「高橋」ですか?友人ですが…。

 

f:id:bucketlist:20170815114826j:plain

はりまや橋  (高知県高知市はりまや町)

う~ん、高橋ほどにはがっかりしませんでした。じゃあ高橋ってやつはどんだけ?

 

運転の依頼主は高知城や桂浜などを訪問予定だったようですが、往路の大渋滞の恐怖から予定を変更して早めに浜松へ戻ることに。僕的には城巡りはともかく、「高知のカツオのたたき」や「香川の讃岐うどん(こちらは以前経験済みだけど)」が食べられなかったことが、ひじょーに悔やまれる。

 

f:id:bucketlist:20170815114848j:plain

それでも帰路の道中に寄ったPA(どこだったかなあ?)のうどんが結構美味しくてプチハッピー。

 

城巡りの運転手役として参加したけど、自分の興味はやっぱりねえ…。Such Is Life.

 

*ご依頼主様、貴重な体験をありがとうございました。お疲れさまでした。

 

四国の城巡り運転手の旅 其の二 宇和島~足摺岬

四国の城巡りをする知人の運転手としてやって来た四国二日目の朝。さてと本日も運転業務の始まりだ。f:id:bucketlist:20170815113310j:plain

松山城 

実は先ほど「宇和島城」と書き込みしました。写真がどこの城だったのか定かではなくなっています。写真の日付・時間を確認して指を折りながら記憶を辿ります。

 

f:id:bucketlist:20170815113339j:plain

でも松山城は大きくて立派。ふ~ん、いけてるじゃんと思う。

 

そして、またまた車で大移動。  

f:id:bucketlist:20170815113547j:plain

宇和島城

 読者の方から「お城はいいから食い物を出せ!」みたいなリクエストがありましたので、城の説明はスルーします。

 

お待たせしました。お楽しみのランチの時間です。宇和島市内の和日輔(わびすけ)という和食屋へ。

f:id:bucketlist:20170815113649j:plain

宇和島じゃこ天 @325円

ビール抜きでこれを食べている自分が不憫で不憫で…(涙)。

 

f:id:bucketlist:20170815113715j:plain

海鮮丼+ミニ麺(そば) @1,000+200円

 

f:id:bucketlist:20170815113744j:plain

@ 1,000円の価値十分な海鮮丼。なんだけど、宇和島だったら鯛めしだったかなあ。今回は運転の依頼人次第な旅だったので、予習ゼロで臨んでしまった(うううっ…)。突っ込みの足りない昼食を嘆く毎日です。

 

f:id:bucketlist:20170815113823j:plain

紫電改展示館 (愛媛県南宇和郡愛南町)

運転依頼人は城も好きだけど戦争マニアでもある。日本に現存する唯一の紫電改のようだ。

 

f:id:bucketlist:20170815113856j:plain

紫電改展示館の隣にある宇和海展望タワー(海抜260m)からの眺望。 

 

そして、更なる移動。いよいよ高知県へ突入。

f:id:bucketlist:20170815113926j:plain足摺海底館 ( 高知県土佐清水市三崎)

城&戦争マニアである依頼人は、海底もお好きなようだ。

 

f:id:bucketlist:20170815114027j:plain

「刺身で食べたい」なんてことは、思っても口にしてはならない。周囲には目を丸くして魚を見つめる子供たちがいるのだから。まあ、そんな子供たちも何れ僕のような汚れた大人になるのだが…(一緒にするなっ!)。

 

f:id:bucketlist:20170815114113j:plain

ジョン万次郎

 知ってますね?説明しませんよ。

 

f:id:bucketlist:20170815114211j:plain

足摺岬

いや~あぁぁぁ!遠くまで来たもんだ。(と思う以外することが無いのが岬ってもの)

 

f:id:bucketlist:20170815114250j:plain

色んなシーンを奏でる四国の海。あ~腹減った!(いきなり話が飛んだような…)

 

 この後の夕食と最終日の模様は次回のブログで。もう1回だけ四国のこと書きます。Such Is Life.

 

四国の城巡り運転手の旅 其の一 松山へ

f:id:bucketlist:20170815100939j:plain

「四国の城巡りをしたいので運転手をしてくれ」との無謀な要請を受けた。日ごろお世話になっている方なので、仕方なく運転手を引き受けることに。浜松を午前3時に出発したものの、夏休み真っ盛りで至る所で大渋滞。四国に渡る「しまなみ海道」の入り口尾道に到着したのは午後1時過ぎ。

 

城巡りにはさほど興味が無いので(ご依頼人には申し訳ないけれど)、ここからは個人的に楽しかったこと(!?)を中心にブログします。 

 

f:id:bucketlist:20170815102005j:plain

東珍康(広島県尾道市栗原町) 尾道ラーメン(並) @580円(税込)

尾道といえば尾道ラーメンってことで。飾り気のない素朴な顔立ちのラーメン。

 

f:id:bucketlist:20170815102356j:plain

スープは魚介系の醤油味。天かす(?)と思われる物体が浮かんでいる。キリっときつめの醤油味。運転に疲れた体に染み渡る。

 

f:id:bucketlist:20170815102537j:plain

尾道ラーメンは2回目だったけど、何となく尾道ラーメンのキャラクターがわかったような。労働の合間に、サラサラっと食べるような味だった(この奥深い表現わかりますか?わかりませんね。すいません)。

  

さてと、食べたら仕事(運転)をしなけりゃならない…。しまなみ海道の大島にある

f:id:bucketlist:20170815102940j:plain

村上水軍博物館 (今治市宮窪町)

戦国時代から瀬戸内海で活躍した海賊の一族のようです。

 

f:id:bucketlist:20170815103350j:plain

おっとっとっと…。

 

海賊のお尻を眺めたら(おえっ…)、また車に乗り込んで、やっと四国に着地。

f:id:bucketlist:20170815103453j:plain

今治城 (愛媛県今治市)

到着時には閉館していたので外観のみ見学。

 

そして、この日の宿泊地松山市内へ。途中多少の観光と食事はしたものの、出発から16時間掛かって到着。ホテルに着いたら運転のご依頼人は「電車に乗って立ち寄り温泉に行く」と言われたが、僕はヘトヘトなので遠慮して一人で食事へ。

f:id:bucketlist:20170815103941j:plain

四国三郎 よしの川 (愛媛県松山市一番町)

ホテルのフロントで仕入れた情報を元に近場の居酒屋へ。

 

f:id:bucketlist:20170815104533j:plain

アコウ刺身

見たことも聞いたこともない名前の魚を物珍しさから注文。甘みの際立った白身だ。これウマい!

 

f:id:bucketlist:20170815104624j:plain

小富士 

せっかくなので愛媛の日本酒を。隣にいらした地元のご夫婦にアドバイスを頂きながら注文。超辛口とあるけど、それほど刺激的でもなく麹の香りが立っていて、魚に合う酒だ。

 

f:id:bucketlist:20170815104601j:plain

かさご唐揚げ

実は運転業務を引き受けたのは、四国に行けば旨い魚が食べれるのではないかという、単純(愚か)な 理由。初日から大当たりだ!

 

f:id:bucketlist:20170815104808j:plain

さざえつぼ焼き

隣のご主人は鮮魚関係のお仕事をしているとのことで、地元の魚を詳しく解説してくれた。奥様も素敵な方で愛媛や四国の話をしてくれて、一人飲みで出掛けたのに楽しい酒席となる。旅先でのこんな出逢いは有難いもの。お世話になりました。

 f:id:bucketlist:20170815104838j:plain

かしわ天ぷらうどん (店名記録忘れ。記憶不能状態)

居酒屋のおかみさんに「近くにうどん屋さんない?」と伺って訪問。

 

f:id:bucketlist:20170815104958j:plain

これさあ…。香川の讃岐うどんじゃないから仕方ないかも知れんけど…。

 

f:id:bucketlist:20170815105306p:plain

おとーうさーん!もうちょっと頑張ってちょーだーい!!

 

それでもとりあえず長時間のドライブで空になったガソリン(食物)を満タンにして、オイル(アルコール)交換も出来たので、明日も快調に運転出来ることだろう。

 

疲れていた割には調子に乗って飲み食いしてしまった。やはり本業(ん?)の方が力が入るようだ。しかし、ホテルに戻ると数分で意識を失っていた…。Such Is Life.

 

蘭 麻婆豆腐ラーメン

知人からランチに誘われて、四川料理「蘭」(浜松市南区三和町)という店に連行された。ここは度々来ているが、相手が...(お察し下さい)なので写真を撮りづらく、今まで紹介出来なかった。ミニ情報としてお伝えしますが、(愛すべき)小さな小汚いラーメン屋で(日本語がたどたどしい)中華系の方が調理している。担々麺(刺激的な辛さとコクあり)が人気のようで最近着々と客足が増え、女性のみの客も来るほどの賑わいを見せている。しかも安い。担々麺とミニチャーハンのセットで@600円(税込)。

 

今回貴重な画像が入手出来たので紹介させて頂きます(一瞬の隙を狙って激写しました)。

f:id:bucketlist:20170810071613j:plain

誘ってくれた方が担々麺専門なので今までお付き合いしていたが、今回は勇気を振り絞って麻婆豆腐ラーメンを注文。土鍋でグツグツ状態で出てくる。この先の写真が撮れなかったのが悔やまれるが(根性無しめ!)、熱々の麻婆豆腐の下にラーメンがドカドカッと待機している。この具と麺をぐちゃぐちゃと混ぜ混ぜして頂く。汁気が少ないので、しっかりと力を入れてぐちゃぐちゃ混ぜる。熱くてドロドロでぐちゃぐちゃに絡み合った具材は、めちゃめちゃ深みのある味に変身する。

 

夢中になってじゃんじゃん食べてしまった。向かいのむちゃくちゃ〇〇な方の存在を忘れるほどに、めちゃくちゃ旨かった。またまた行きたくなるベタベタ・ネトネト感な中華店。病みつきな味。Such Is Life.