Such Is Life

soul-searching-diary

リフレッシング

f:id:bucketlist:20200713082327j:plain

小國神社 周智郡森町一之宮

長雨(豪雨)が続く昨今ですが、久し振りに晴れ間がのぞいたので、車で40分ほどの距離にある神社に行って来ました。

 

f:id:bucketlist:20200713082341j:plain

お目当ては「青もみじ」です。

 

f:id:bucketlist:20200713082359j:plain

紅葉したもみじは言うまでもありませんが、新緑のもみじも目に鮮やかで、長雨のストレスからリフレッシュ出来ました。

 

f:id:bucketlist:20200713082415j:plain

 各地で大雨による被害が続いていますが、一刻も早い復旧と梅雨が早く開けることを神さまにお祈りしてきました。

 

それ以外の行動はしておりません。念のために…。Such Is Life.

 

中華料理の襲撃

f:id:bucketlist:20200707125834j:plain

数日前に中華料理を頂いたのですが、間髪入れず別口から

「中華料理を食べたい!」とのご提案がありました。

 

f:id:bucketlist:20200707125936j:plain

拒否権を持たない弱小国の田中ですが、

 

f:id:bucketlist:20200707125951j:plain

中国人は毎日喜んで中華料理を食べているし

インド人は毎日飽きもせずインド料理を食べている

と信じているので、中華料理の連チャン大歓迎です。

 

f:id:bucketlist:20200707130007j:plain

皆さんのご希望の料理が次々とやって来ます。

 

f:id:bucketlist:20200707130028j:plain

田中はビールから紹興酒へ切り替え燃料補給です。

 

f:id:bucketlist:20200707130042j:plain

田中のチョイス「白い麻婆豆腐」 美しいですね。

 

ヴァラエティ溢れる味付けで、愉しきかな毎日中華。

そして、そろそろ麺類で〆ましょうかということになり

 

f:id:bucketlist:20200707130102j:plain

海老塩ラーメン派と海鮮焼きそば派の意見が対立したのですが、中立国である田中は

「両方頼みましょう。両方大盛で!」

という折衷案(?)を提唱しました。

 

… 返事はありませんでしたが強行採決です。

 

f:id:bucketlist:20200707130118j:plain

上から覗いているのではっきりしませんが、

運ばれて来た時に、ギョエッ!

っとなる大盛でした。ふたつとも。…です。

 

 周囲からの白い視線を浴びながら総攻撃しましたが撃沈。

 翌朝まで続いた胃の痛みは、笑い話にするには酷いものでしたので、今日はこの辺でサヨナラします。さようなら…。Such Is Life.

 

未来予想図

f:id:bucketlist:20200706115123j:plain

人生が不可解であることは百も承知である(いや、五十ぐらいかな)。

 

f:id:bucketlist:20200706115140j:plain

世の中には、その選択の先には間違いなく不幸がやって来ることが分かっていても、その道に進んでしまう残念な人もいるようだ。

 

f:id:bucketlist:20200706115154j:plain

話を聞けば、この中華料理が好きだという御仁もその内の一人なのか…。

否、そのものズバリの人生だと田中は察した。

 

f:id:bucketlist:20200706115209j:plain

そうと分かっていても他人の運命を容易に変えることは出来ない。

出来ることといったら、見守ってあげることぐらいだろうか…。

 

f:id:bucketlist:20200706115228j:plain

まあ食べたかったという冷やし中華でも存分に食べるが良い。

 

この先田中は老体に鞭打ってサポートする覚悟を決めたのだから。

 

f:id:bucketlist:20200706115245j:plain

へっ? 何だ ? !  ラーメンも食べるのか?

 

田中が悲惨な未来を予言しているというのに大した食欲だ。

まあいいだろう、今日は過酷な人生への餞別なんだから。

 

f:id:bucketlist:20200706115259j:plain

 おいおい、デザートもか…。

 

未来が読めていないのは田中の方だった。Such Is Life.

 

妄想パブ巡り

f:id:bucketlist:20200630152306j:plain

GREAT PUBS OF LONDON   Written by George Dailey

立ち読みしていた本屋さんで(すいません)、余計な物を見つけてしまった。伝説的なロンドンパブの紹介本です。写真が余りにも綺麗なので(というより実物が凄いのでしょうが)ついつい衝動買いを。これを眺めながら妄想パブ・ホッピングをしています。

 

f:id:bucketlist:20200630152537j:plain

写真もさることながら、三百年物のパブの歴史に触れるにつれ、ビールを飲まずとも優雅な物語に酔うことができます。そして、そこには古き善き時代の著名な作家や画家たちが足繁く通っていたことも記されています。

 

クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル  チャールズ・ディケンズ著

そこで、より深くロンドンパブを知るために、度々登場する作家の小説を読んでみました。正直なところ海外小説は苦手ですが、ディケンズの情景が目の前に現れるようなリッチな描写に感銘を受け、

 

パリ・ロンドン放浪記 (岩波文庫)

パリ・ロンドン放浪記  ジョージ・オーウェル

自らの貧困体験を装飾することなくシンプルに表現しているオーウェルの世界に没入しました。

 

これは妄想だけでは終われませんね。

下心が無ければ、こんな本は読みませんから。Such Is Life.

 

加茂ゴルフ倶楽部

f:id:bucketlist:20200629081835j:plain

加茂ゴルフ倶楽部 豊田市立岩町白土

少々辛くなるようなドシャ降りの雨の中、結構険しい山道を2時間近く車を走らせ辿り着いたゴルフ場。

 

f:id:bucketlist:20200629081859j:plain

途中から何とか雨も上がってくれたがスコアはボロボロ(山間コースの割にはフラットで趣のあるゴルフ場でしたが)。

 

f:id:bucketlist:20200629081947j:plain

昼食のラーメンは白菜だらけで…

 

f:id:bucketlist:20200629081918j:plain

それでも、バカ! ハゲ ‼ 〇〇 !!! と言い合っていさえすれば楽しめる仲間(他にネタはないのかね?)。

 

こんなゴルフを飽きもせず30年続けています。Such Is Life.

 

ENJOY HOME

未明よりコロナ禍で壊れかけた友人を癒し、散歩へ。

 

f:id:bucketlist:20200627095628j:plain

梅雨の合間の爽やかな朝だった。

 

STAY HOME のおかげでライフスタイルの整理が出来て

「特筆すべき事柄が起きない、特別平凡な日々」

を謳歌しています。

 

そんな訳で、あえてブログに書き留める事も無いまま

STAY HOME 改め ENJOY HOME

で充実した日々を送っています。Such Is Life.