読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

初めての生ボミ

中京テレビ・ブリヂストンレディースオープン(中京ゴルフ倶楽部石野コース) 女子プロゴルフツアー観戦にやって来た。ご同伴のオジさんは、堀琴音選手に密着マークするというので(この方はゴルフを見に行っているのではない)、僕はこの日の目的のために単…

クラシック・コンサート

「今から盲目のピアニスト辻井伸行のコンサート」というお便りを頂いた。 「寝ましたね?」 「熟睡」 クラシカル(古典的)なオチでした。Such Is Life.

焼肉「モランボン」

「清香苑、食道園、モランボン、りゅうせん、的な気分ですが」と准教授から連絡が入る。これは暗号ではない。 「…的な気分」と言われたって、そんなの地元の方にしか分からない。実は列記された店名は全て焼肉店である。(だったら「焼肉食べたい」と素直に…

OBAN

OBAN とあるバーでこのスコッチウイスキーを入荷したという。 オバンではなくオーバンである。 女性同伴でバーに行くときは、くれぐれも発音に注意したい。 と店主のブログで紹介されている。南半球からたまにやって来る男が「いつ来ても、ココはオーバンが…

「スペインうたたね旅行」感想文

最近読書という行為を忘れていた。GWにリハビリのために簡単な紀行文でも読んでみようとamazonを探索。中古本は配送料が掛かるけど、本自体が@1円というのもあって斜め読みにはありがたい。 スペインうたたね旅行 中丸明著 @1円+送料 著者のことは存じ…

ポイント稼ぎに…「HIGH MEAL」

High Meal (浜松市中区常盤町) 昨年夏にオープンした若者向けのダイニング・キッチン。なのに不似合いなオッサンがこの店へ侵入したのは何故か? この日は長女を誘って夕食を。ちょっと気になっていたことがあったのでご機嫌取りのために。(食事は娘との…

同意します。

先日ブログに書かせて頂いた「男の料理教室」のことを、英会話教室でトピックスとして話をした。(教室では毎回何かしらのネタを用意しなければならない) 「かくかくしかじかのレストランで男の料理教室をやったけど、シェフは変わった人で我々は料理はしな…

高原のお花畑

清泉寮 次女が「八ヶ岳に行こうよ」と言うので、GWの最中にやって来た。早朝に出発したので良かったが(何事も先手必勝)至る所で人も車も溢れている。たまたま見付けたブログでも、清里辺りへ出没している人がいるぐらいだから混雑するのも仕方ない。 こち…

浜松まつり

毎年5月3日~5日までの3日間は「浜松まつり」が開催される。 日中は勇壮な凧揚げ合戦。 夜は優美な御殿屋台の引き回しと威勢のよい練りが繰り広げられる。ワッショイ!ワッショイ!! でも僕は(理由はさておき)浜松まつりに参加しない派だ。それでも、…

地鶏ラーメン 一鳳

地鶏ラーメン 一鳳(いっぽう) (磐田市福田) ゴルフ帰りの昼食で立ち寄る。この日は帰り道が二人になった(我儘を言う人がいなかった)ので、たまには初めての店に行こうということになった。 以前から看板を見ては「今度行ってみたいね」と話していたラ…

「ゴルフ場」という名のスナック

余りにも酷い調子だったので、暫く休んでいたゴルフへ2ヶ月振りに出掛ける。ある意味仕方なくでもあり、少しは良くなって欲しいという期待もありで…。 結局以前と何も変わらない無様なゴルフ。楽しいのは若いキャディさんとのたわいのない(彼女にとっては呆…

タイプライター

凡そ35年ぐらい前に使っていたタイプライター。PCの普及と共に無用の長物となっていた。カミさんがもう捨ててしまったと思い込んでいたため、時々ディスプレイ用に取って置けば良かったと思い出すことがあった。ところが、大学を卒業した次女が下宿から持ち…

カツ丼 「藤屋支店」

藤屋 遠州浜支店 浜松市遠州浜、ここはよほどの用事がなければ足を踏み入れる場所ではない。気の利いた店舗があるわけでもなく、どこかへ向かう道すがら通過するような位置にもない(住民の皆様ごめんなさい)。しかし、カツ丼を食べたくなり食べログで検索…

男の料理教室 実践編

先日開催された「男の料理教室」では、殆ど調理をすることもなく飲んで食べただけだった。(僕は海老の殻剥きをしただけ) それでも、当日にはシェフの手書きによるレシピをもらっていたので、教室でのシェフのレクチャーと併せて実際に料理を作ってみること…

百花繚乱

自転車乗りに快適な季節がやって来た。というより快適な季節にしか自転車に乗らないのが事実だ。それでも何にもしないよりはマシだろうと自分を鼓舞して出掛けよう。 桜ばかりが持て囃されるが、桜が散った後には色々な花が咲き乱れる。 ハナミズキの白は、…

年間パスポート

1年毎の健康診断に行って来た。いつも結果が出るまでは「何かあったら…」とハラハラドキドキだ。 「異常なし」「異常なし」「異常なし」…。 診断結果が送られてきた。「異常なし」の連続だ。ヨッシャ!僕は一見不摂生な生活を送っているかに装っているが(…

MARVIN GAYE

WHAT'S GOING ON by MARVIN GAYE 1971年 米 何十年もの間、どこかに引っかかり続けてきたアルバム。ラジオや街角から流れてくる「WHAT'S GOING ON」を聞く度にCDを買おうかと迷ったが、何故か躊躇していた。柔らかい声でふわふわと歌う「MERCY MERCY ME」も…

男の料理教室

あえて店名は伏せさせて頂くが(窓に書いてあるじゃん!)、こちらのイタリアン料理店の昼営業をお借りして、地下組織・浜松酒徒倶楽部主催による「男の料理教室(紅一点特別参加)」が行われた。今年度の倶楽部活動指針「飲み食いだけが人生か?」に基づい…

マニラのビル群から見える地球の危機とは

マニラから写真が送られてきた。そのLINEには「マニラとは思えないビル群」と記されていた。 そこへ別の人物が飛び込んで来た。 「世界は、急速に変わっているんだね。どう考えてもマニラにこのイメージはないよね。地球が危ない」と地球の危機を訴えている…

ブログをリンクして頂いたけど

おや!?っと気がついたのだけど 「TOKYO WONDER VIEWS」というサイトに、僕が以前書いたブログがリンクされていた。このサイトは「あなたがきっと知らない東京。まだ見ぬ奇跡の夜景に、心ときめくデートスポットなど東京タウンガイドをお届けします。 」と…

おっさん「ポムの樹」へ行く

次女が「オムライスを食べにポムの樹へ行こうよ」と言う。(この日はカミさんが用事があって出掛けていた)「ポムの樹」はオムライス専門店らしいが、店はららぽーと磐田にあるらしい。(そこは車で30分以上掛かる)しかも、おっさんには不似合いな店みたい…

除草剤

春の訪れと共に芝生も緑色に姿を変えてきた。でも雑草も生えてくる。 そこで庭や家の周囲に除草剤を撒くことにした。これはなかなかのスグレモノで、雑草を一気に枯らしてくれる。 ふと思いついてカミさんに聞いてみた。 「寝ている間に俺の頭に除草剤を撒か…

「いつものやつで」 神戸ステーキ

神戸ステーキ (浜松市中区砂山町) かつては別の場所で営業されていた浜松では老舗のステーキハウス。残念ながら数年前に火災に遭われ、こちらへ移られて営業を再開された。以前から存在は認知していたが、なんとなく敷居が高そうで訪問したことは無かった…

真珠婚式

結婚30周年を迎えた。 振り返れば色々なことがあった。沢山の幸せをもらった。そして、辛い思いをさせたことも多々あった。それでも30年の長き歳月を一緒に過ごして来られたのはカミさんのおかげだ。これまでの僕の人生は、カミさんで出来ていると言っても過…

またもや青春(実は壮年)18きっぷ 京都編 

06:01浜松発の電車に乗る…。 青春18きっぷを使った旅は終わったはずなのに又電車に乗っている。そもそも18きっぷは5枚綴り(5日間分)になっている。複数の人がひとつのセットを使うのも可能だが、今回は夫婦で2セット買って、5日間の旅ということで計…

青春(実は壮年)18きっぷ 広島~三ノ宮~浜松編

広島では駅の隣でJRが運営しているホテルに宿泊。朝の早い出発も楽チンだ。 部屋は狭かったが、低料金で朝ご飯も付いている。ホテル隣にある駅膳という、夜は居酒屋の店で朝食を。外食が続くとこんなシンプルな和食が有難い。(どっちみち何でも食べるのだが…

青春(実は壮年)18きっぷ 博多~門司港~広島編

博多での2泊目から目を覚まし、天神から地下鉄で博多駅へ移動。朝ご飯は駅ホームの立ち喰いそばで済ませようと計画していたが、博多駅構内の飲食街で7時の開店と共に人がなだれ込んでいく店を発見。我々もその勢いに巻き込まれて入店してしまった。(理由…

青春(実は壮年)18きっぷ 博多~長崎~博多編

福魚食堂 (福岡市中央区長浜) 博多一泊目の翌朝は、(いつものことだけど)早起きをして長浜鮮魚市場にある食堂へてくてくと。 塩さば定食 @700円 市場で働く厳つい男達に混じって朝メシを。鮮魚市場の朝メシなら鯖とか鯵に決まってるって注文したけど、…

青春(実は壮年)18きっぷの旅 倉敷~岩国~博多編

昨夜は倉敷に宿泊。07:14倉敷発の電車に揺られて 10:51岩国着。休憩及び昼食のための途中下車。 事前調査で岩国には食事が出来そうな店が少なそうだったので、狙いを定めていたラーメン屋に直行。しかし、シャッターが開いていない…。仕方がないので駅前を…

青春(実は壮年)18きっぷの旅 浜松~姫路~倉敷編

このところ食事を題材にした取り留めのないブログ(いつものことだが)を書いていたが、これは青春18きっぷを使って訪れた街での食事だった。現地より素材が新鮮な内にお届けしようと発信していたわけだ。「青春(実は壮年)18きっぷの旅」は、カミさんの強…

ミックスフライ

ミックスフライランチ @1,000円(税込) エビ2本、ホタテ、メンチのフライにカップスープとライス(大盛り無料)のランチセット。カラリと揚げられているそれぞれの具材はしっかりしていて、味も文句無し。(文句があっても言えないが)1,000円のランチセッ…

お好み焼き

あれは37年前のこと。先輩に招かれて訪れた広島で食べたお好み焼きは思い出深い。「広島風お好み焼き」なんて、浜松は勿論のこと東京でも滅多にお目に掛かれなかった時代。具材と粉は混ぜられていないし、「そば」まで入っている。先輩に「そば」を入れるか…

活!

これだけ活きのいい魚たちには、なかなかお逢いできません。それで調子に乗って飲み過ぎて、僕はどんどん活きが悪くなって来ているような気がします。Such Is Life.

ちゃんぽん麺と皿うどん

ちゃんぽん麺と皿うどんには積極的だ。 たまーに自分でも作ることがあるけど、これは自作ではありません。リンガーハットでもありません。今回はホンマもんでした。もう自分で作りたくなくなりました…。Such Is Life.

市場の朝メシ

早朝6時。鮮魚市場で働く屈強な男達の居る食堂に紛れ込んで朝食を。 男達に負けじと鯖定食を片隅で小さくなって食べました。市場の男達に倣って朝ビールも頂きました。(郷に入っては郷に従えです) 男達は、鶏の唐揚げやハムエッグを注文していました。彼…

屋台

屋台の暖簾をくぐって 他にも焼き鳥、餃子などを。 屋台のおねーさんが 「良く食べてくれたねー」 「これからまだ他いくの?」 「もー食えーん!」 「それなら夜桜観に行ってきたら」 と教えてくれたので 目も腹も満腹。ごちそうさま。Such Is Life.

返し寿司

錦糸卵が散りばめられた箱を ひっくり返すと ちらし寿司になります。 寿司でマジックしてる訳ではありません。「返し寿司」と呼ばれているものです。マギー司郎でも出来ませんから…。Such Is Life.

おでん

こちらのおでんは、しょうが醤油の味付けでサッパリ。Such Is Life.

LPGA女子ゴルフ ヤマハレディースオープン葛城

ヤマハレディースオープン葛城 急遽前日に、友人に誘われて女子ゴルフトーナメントを観戦に行くことに。早速ここに来るまでにひと悶着あり。電車とバスを乗り継いでゴルフ場まで行くことになり、別の駅(僕が乗る駅の次の駅)から乗車する友人に、「浜松07:…

計算

昨年友人が家を購入した。おめでたいことだ。そして彼は庭に芝生を張りたいと希望していた。そして芝張りに適した季節がやって来たので、お手伝いに参上した。 スコップで土を掘り起こし、一部の植木を移植したりでそこそこの重労働だ。 砂を撒いたので芝生…

冷や汗

先週末から「航空券が発券できない」などのトラブルが発生していた格安旅行会社「てるみくらぶ」が昨日、破産申請を提出した。 この報道を目にして、冷や汗が出た…。 実は先日行ってきたエジプト格安弾丸ツアーは、「てるみくらぶ」催行の旅行だったからだ。…

燻されたのは…。

准教授がご自宅で何やら始めたという情報をキャッチした。 お宅に覗きに伺うと、准教授は「いぶし処」という箱の前で思いつめた顔をしていた。こんな暗い雰囲気の准教授は珍しい。どうしたんだろう…? 燻製をやっていたのだが、「どうも味付けが上手くいかな…

娘の引越しで… 「土筆苑」

関西で学生生活を送っていた次女が、なんとか卒業することが出来た。就職は地元でということで浜松へ戻ってくることに。そして引越しの日となった。カミさんは既に現地入りしていたので、僕は一人で関西へ向かうことに。この日は3連休の中日であったので、…

2日連続で…。

前日は「キャンベルさんの快気祝い」のパーティーで、「おたえ」という焼肉屋に行ったばかりなのに 清香苑 (浜松市中区佐藤) また焼肉屋に来てしまった。実はこの日の朝「今日飲みに行かない?清香苑に7時集合で」と連絡をもらったのだ。昨日の暴飲暴食で…

キャンベルさんの快気祝い

秘密結社・浜松酒徒倶楽部の互助会員であるキャンベルさんが、昨年末より病魔に侵されていた(個人情報保護のためにその病魔については触れないが)。しかし、春の訪れとともにキャンベルさんは病魔との闘いに打ち勝ち、奇跡の回復を遂げたのである。 そのキ…

時空を超える旅 ピラミッド エジプト紀行 vol.5

エジプトツアー最終日がやって来た。 ギザのピラミッドへ。ここに来たらやはりピラミッドとラクダのコラボスナップが必要だ。だけど撮影を見つかるとチップを要求してくる。このラクダ使いは何にも言わなかったが、他ではラクダを撮る度に「俺のラクダ撮った…

時空を超える旅 アブシンベル エジプト紀行 vol.4

アブシンベルの夜明け。今日も今日とて弾丸ツアーの始まりだ。 ナイル川に朝陽が昇る。対岸はスーダン。スーダンなんて国が出てくると、アフリカに居るんだなあって実感が沸いてくる。 アブ・シンベル神殿 約3,300年前の古代エジプト新王国時代第19王朝ラメ…

時空を超える旅 アスワン エジプト紀行 vol.3

昨日のバスの長旅には少々うんざりしたが、アスワンのホテルはプールもあるリゾート感覚で快適だ。こうゆう所でのんびりするのもいいのだが、格安ツアーにはそんな余裕は無い。 今日も晴天だ。エジプト旅で良いことのひとつは天気の心配をしなくていいこと。…

時空を超える旅 ルクソール エジプト紀行 vol.2

前夜はルクソールのホテルに深夜に到着。4時間ほどの睡眠であったが、格安ツアーは休む暇を与えてくれない。早朝ホテル前の船着場からナイル川を渡って対岸(西岸)に向かう。日中の日差しはきついが、朝の川面の風は爽快だ。 メムノンの巨像 新王国時代の…

時空を超える旅 カイロ到着 エジプト紀行 vol.1

始まりは新聞に掲載されていた「エジプト7日間9万円」の広告だった。 かねてより「エジプトに行きたい」と言い続けていたカミさんの希望もあり、格安と思えるツアーに飛びついた。テロ事件発生以降、観光客が激減しているというエジプト事情から打ち出され…