読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Such Is Life

soul-searching-diary

内田光子

「SCHUMANN & BERG」 DOROTHEA ROSCHMANN & MITUKO UCHIDA 長年に亘りクラッシックやオペラに足を踏み入れてみたいと思ってはいるものの、なかなかきっかけが掴めない。どこかにその入口はないのかと探している。 第59回グラミー賞で日本人ピアニストの内田…

裏ドリワンダーランド

静岡エコパアリーナ 何のための人だかりかというと DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016 ドリカムのコンサートにやって参りました。確か2年ぐらい前にもドリカムのコンサートへ行きました。彼等のビッグファンでは無いけれどコンサート自体が好きな…

HURRICANE BY BOB DYLAN

アカデミー賞受賞が決まって以来、連絡が取れず沈黙を続けていたボブ・ディランが、雑誌のインタヴューに答えたらしい。「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」そして、授賞式への出席の意向を問われると「もちろん、できる…

Fantome

Fantome 宇多田ヒカル 8年半も待たされた宇多田のニューアルバム。「Automatic」で衝撃のデビューを果たして以来のファンである。控えめなファンではあるが…。奇想天外な曲調と歌詞の展開が魅力だ。今回のアルバムはおとなしめの曲調が並ぶ。少々単調ではあ…

追悼 PRINCE

昨日、プリンス殿下の訃報が世界中を駆け巡った。 殿下は僕が学生時代の頃、ミュージックシーンに衝撃的デビュー。 賛否両論はあったものの、その扇情的な音楽性と奇抜な風貌や奇行で世界を躍らせた。 あの頃の渋谷のタワレコはPRINCEとROGER(ZAPP)がイチオ…

カンカン娘

この時期になるとこの地方でちょっとした話題になる食べ物がある。 それは周智郡森町という所で採れる「甘甘娘」(かんかんむすめ)という「とうもろこし」だ。 甘甘娘 フルーツ並みの糖度と瑞々しさで人気沸騰のとうもろこし。 このとうもろこしは朝摘みの…

震災から4年 マーラーを聴く

本日3月11日は東日本大震災が発生してから4年目の日となる。 我がエスプリの師である島地勝彦先生は、震災後から被災地への哀悼の意を表すために朝からマーラーを聴いていたそうだ。(交響曲5番を聴かれていたらしい) 「交響曲 第8番 変ホ長調《千人の…

「JAZZ SINGER」 ROSEMARY CLOONEY

「JAZZ SINGER」 ROSEMARY CLOONEY ローズマリー・クルーニー 1950年代に活躍していた歌手。ビング・クロスビーの映画「ホワイトクリスマス」などにも女優として出演。俳優のジョージ・クルーニーは甥。 時々古い楽曲を聴きたくなる。それもヴォーカル入りの…

新入荷 JAZZ CD4枚

最近音楽に対するアンテナが低くなっていた。 そこでアマゾンを覗いて廉価版のJAZZシリーズから4枚を取り寄せ。 THE KOLN CONCERT KEITH JARRETT ピアノソロ即興ライブ。張りつめた緊張感に圧倒される。

TUKEMEN LIVE に行って来た

TUKEMEN LIVE 2014 「衝劇」に行って来た。 TUKEMEN バイオリン2人とピアノ1人のアンサンブル・ユニット。音大出身の3人がオリジナル曲とクラッシックや映画音楽などをアレンジして演奏する。生音にこだわり音響効果は使わない。リーダーのTAIRIKUはさだ…

DEXTER GORDON

OUR MAN IN PARS ビバップ時代の傑出したテナーサックス奏者 DEXTER GORDON

ドリカム・コンサートに行ってきた

DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 ATTACK25 ドリカムのコアなファンではないけれど、この地方に有名なミュージシャンが来るのはそんなにないので。田舎で暮らす音楽好きの楽しみのひとつ。

John Coltrane と過ごす秋の夜長

Jazzを知るために 「コルトレーンを聴け!」 原田和典著 を読んで、John Coltraneを勉強してみた。 年代を追いながらColtraneの活動とアルバムの解説が書かれている。

久しぶりにブラジルミュージック

朝晩はかなり涼しくてもう秋って感じだけど、ボサノヴァは夏だけのものではないので自分にとっての新たなミュージシャンにトライしてみた。 Tudo Bonito / JOYCE 「ボサノヴァ第2世代、ポスト・ボサノヴァ世代のミューズ」らしい…?意味がわからん。そこで…

暑い日には「DANI GURGEL」

ここ数日の暑さにはマイッタ。ただでさえ暑いというのに、さらに他人の気持ちを逆なでする人もいたりして。滴り落ちる汗とイライラにめげそうな数日だった。そんなこんなで疲れもたまる。 だけども負けてはいられない。暑くて気だるい朝はこんな曲で始める。…

JOE HENDERSON

寝る前にCDをかけて布団にもぐり込む。 しかし、ほぼ毎日のことだが、横になって音楽聴いていると最速1曲目あたり遅くとも3曲目くらいには深い眠りに落ちている。ところが、昨夜はCD1枚終わるまで起きていた。珍しい。 聴いていたのは、 IN 'N OUT / JOE …

Weather ReportとManhattan Transferの「Birdland」

Weather Report「Heavy Weather」1977 今更ながらだけどウエザーリポートの代表作聴きたくなってCD購入。 1曲目の「Birdland」はこのジャンル(Jazz/Fusion)としては大ヒットして当時ディスコでも流れていた。この曲聴いて思い出したのが、 Manhattan Transf…

JAZZ バードランドの夜 アートブレイキー

数年前からJAZZのCDを収集している。まだまだJAZZ初心者ゆえ聞いているなどと言うのもおこがましいくらいのレベルだ。 JAZZの奥深さを考えると(勝手に考えているだけだが)なかなか手を出せなかった。完璧主義者とは言わないまでも何かやるならある程度は極…

ブラジル音楽

amazonからCDが届く。 ブラジル系音楽、ボサノヴァやサンバを探しているうちに「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」に誘われてアーチストの正体もわからぬままに購入してしまった。 Watercolours of Brazil / Teka amazonの罠にハ…